「どんな味!?」~長崎県庁の食堂で「鯨料理」を期間限定で提供

2021-10-21
海と日本PROJECT in ながさき

長崎ならではの食文化「鯨(クジラ)」を気軽に食べてもらおうと、このほど、長崎県庁の食堂で鯨料理が期間限定メニューとして提供されました。
10月12日のメニューは、洋風鯨カツ丼とオニオンサラダ。カツには鯨の背中の部位・赤肉を使い、デミグラスソースで味付けしています。

サラダには鯨のしっぽ「尾羽」の部分「オバクジラ(おばいけ)」が使われています。 新型コロナの感染拡大で、外出自粛が続き、外食の機会が減っています。あわせて、クジラ料理を食べる機会も減っていることから、長崎県が「鯨の存在を身近に感じてもらおう」と、県庁内の食堂「シェ・デジマ」での提供を企画しました。

s-くじら2
シェ・デジマのシェフ・坂本洋一さんが「部位によっての変化を楽しんでいただけるようなメニュー構成にした」と腕を振るった鯨料理。実際のお味は・・・?
「ん!肉厚でジューシーですね!鯨に全く臭みがないです。しかもデミグラスソースがからむとごはんに合いますし美味しいです」と取材したアナウンサーも太鼓判。

県庁の食堂で食べた人たちも、「牛肉みたいな感じで食べやすかったです」「(鯨が)サラダに入っていて、こんな食べ方もあるんだと思いました。おいしかったです」と満足げな表情を見せていました。(KTNテレビ長崎のニュースから一部転載)

  • 「「どんな味!?」~長崎県庁の食堂で「鯨料理」を期間限定で提供」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://nagasaki.uminohi.jp/widget/article/?p=2526" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://nagasaki.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ながさき</a></iframe><script src="https://nagasaki.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in ながさき
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://nagasaki.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://nagasaki.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ながさき</a></iframe><script src="https://nagasaki.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>