お知らせ
2021.07.04

中学生がヒジキ採り体験【長崎・五島市】

地域の漁業者が磯焼けから復活させた五島市の海岸で、中学生がヒジキを採りました。

ヒジキ1

こちらは、五島市崎山地区の小石原海岸です。この日は、海岸のすぐ近くにある崎山中学校の1、2年生16人がやってきました。まずは、自分の靴に「わら縄」を巻き付けます。岩場で足を滑らせないよう、地元の人たちに伝わる知恵です。

五島市では、温暖化により海藻が少なくなる「磯焼け」が深刻化しています。

崎山地区のヒジキの収穫量は、1996年の54トンをピークに激減し、2010年から2016年は全く採れていませんでした。ヒジキ2

 

藻場が衰退すると、魚が産卵したり、棲みついたりする場所が減ることにつながり、漁業者にとっても大きな痛手です。そこで地域の漁業者たちは海藻を食べ荒らす魚・イスズミが海岸に入って来ないよう網を張り、ヒジキを植えて、この海岸の再生に成功。

ヒジキ3

今年は1.5トンの収穫を見込んでいます。ヒジキは長いものでは、1メートル近くにまで成長していて、この日、生徒たちはおよそ1時間で200㎏も収穫しました。

生徒は「環境を大事にして、ゴミなどの不純物を外に出さないようにしたい」などと話していました。

学校では、こうした体験を通して、生徒たちに海の恵みを学んでほしいとしています。
(KTNテレビ長崎ニュースより一部転載)

  ヒジキ5  

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

This is protected by copyright.
お知らせ
2024.07.12

海の事故は「118番」へ!マリンレジャーシーズンを前に警察・消防・海保が合同で救助訓練【長崎県】

This is protected by copyright.
お知らせ
2024.07.04

諫早名物『ウナギ』の謎に迫る!総合学習で子供たちが興味津々【長崎】

ページ内トップへ